スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出

2013年12月04日 23:49

めくりめくる、って言う漫画があります。
自分のコレクションのひとつです。

どんな漫画かというと、中高生的な青春の一コマ的なオムニバス漫画です。ジワっとくる若いころを思い出す良さみたいなのがきれいな形で描かれています。まあ微・百合漫画ですが。


そんな漫画のひとつのお話。
Chapter.34。


主人公は女の子。
塾の机の落書きをきっかけに、別の時間に同じ机に座る誰かと、その落書きで少しずつ会話をするというものです。それがしばらく続いて、最終的に主人公は偶然にもその相手に会うところでお話は締め。

これ読んで記憶の扉が開きました。



俺もまったく同じ経験がある。



違うのは、結局それが誰だったのか。学年どころか性別すら分からずに半年ちょっとでお仕舞になり、そのまま記憶と思い出はどこかにしまい忘れていました。

僕の場合は高校の選択教科授業の美術室の机。
筆跡から男女すらも分からず、でもやっぱり会ってみたかった。

そんなこと思い出すとも思わなかったので、こういう経験ほかの人に言ったこともないし言うつもりもなかったけど、でもこうやって自分の経験そのままの話が載ってたりするとテンションあがっちゃって言いたくなりますな。

最初は倉敷舞台ってことで、これもまた2度ほど行った事のある場所ですごくいいところだったので、っていうことで買い始めた漫画だったんですが、いい漫画にめぐり合えて良かったって思います。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://29thphoto.blog49.fc2.com/tb.php/1345-0e797b66
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。