スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぐや姫の物語【ネタバレあり注意】

2013年12月07日 23:02

見てきました、かぐや姫の物語。

かぐや姫の物語 公式サイト

普通はネタバレになるので映画の感想を細かく書いたりはしないのですが、今回は竹取物語なのでストーリーは日本人なら誰もが知っていると思いますので書きます。

これは書いておきたいという自分の気持ちだけですけど。
個人的なものではありますが、非常にいい映画だと思うので機会があれば見て欲しいと思います。



まず、とにかく見やすいです。
アニメ映画といっても昨今のデジタル的なものではなく、太め擦れ系の線画を中心としているので、まるで絵本がそのままアニメになったような感じですね。

一番良かったのは、かぐや姫の声ですかねやっぱり。
今回、朝倉あきさんがオーディションで抜擢されたそうですが、完全にかぐや姫になっていたなって感じました。おそらく彼女の声じゃなかったらこの作品はここまで良いと思わなかったと思ったかもしれません。とにかくこだわった監督陣と、頑張った朝倉あきさんが完全にこの映画を引っ張ったと思います。

そういうのもコミで、今回のタイトルが「竹取物語」ではなく、「かぐや姫の物語」である意味っていうのは凄く大きいなと思います。全体を、俯瞰ではなく「かぐや姫」に感情移入できる視点で見た物語の進み方になっているんですね。

キャラクターで言えば、翁がいい味です。終始暴走しっぱなしでした。ちなみに地井武雄さんの遺作となったそうです。s作品の部分的に三宅裕司さんに変わっているそうなんですが全く気づかず。それもすごいなあ。
嫗はその翁のフォロー。作中でちゃんと姿勢を正してくれる感じです。

あと名脇役として取り上げたいのが、かぐや姫の御付の女童。最初のインパクトもさながら、その後の暗躍も素晴らしいものだったと思います。癒し的にかわいかったなw
最後の別れの前に、童たちを集めて歌うところとか、もうぐっと来ました。


作中ちょっと気になったのは帝の件から月へ帰る話までの部分がちょっと希薄だったこと。物語を知ってるからこそのショートカットなのかなとも思いましたが、あそこはもっと濃厚に描写しても良かった気がします。かぐやが月へ帰ることの重さや心理描写がさらさらっと語られただけで流れてしまった。
別れに重点を置きすぎたのかなと思うのと、実はこの映画150分もあるのでこれ以上長くできなかった、っていう事情はあったかもしれませんね。


そんな感じかな。


明日、某所の撮影が終わった帰りにでも竹取物語の文庫を探しに行こう。
いまさらながら読み返したい。




コメント

  1. 通りすがりです | URL | Yqf9uHks

    Re:かぐや姫の物語【ネタバレあり注意】

    三宅裕司さんに変わってるのは後半ではなくて
    全シーンの中で6シーンだけですよ

  2. 29面相 (えでぃー) | URL | -

    Re: Re:かぐや姫の物語【ネタバレあり注意】

    通りすがりさん

    ご訪問ありがとうございます!

    > 三宅裕司さんに変わってるのは後半ではなくて
    > 全シーンの中で6シーンだけですよ

    うああ、失礼いたしました・・・
    そうなんですね。

    訂正しておきます。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29thphoto.blog49.fc2.com/tb.php/1346-1e5c328a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。