スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり前の日常

2014年04月15日 23:59

お久しぶりです。
29面相です。

先日もショックな出来事と書いた記事を書きましたが、そんなもの比じゃないことが身近に起こりました。


大切な友人が亡くなりました。


突然の死でした。

その方とはボカロ関連で知り合い、そこから意気投合。しょっちゅう一緒に飲みにいったり、はたまたPCのパーツを買いに言ったり、好きなボカロPのライブに一緒に行ったり。
いまだって、ふっと気づいたら、飲みに行って一緒に話をしている声がありありとよみがえります。まるでそこにいるみたいに。大切な娘さんを溺愛している話を聞かせてくれるときのうれしそうな声が。


知り合ってからは飲み友達であり同士であり、仲間でした。本当に楽しい時間をたくさん一緒に過ごした友人でした。
ツイッターでもいつも当たり前のように絡んでいたのですが、いつの間にかいなくなっていたことにも気づかず、そのまま1ヶ月近く経っていました。

知り合ってから約5年でした。


こういうことがあるんだなと、当たり前の日常が、突然崩れることがあるんだと。
今回とても身近な死をもって、初めて痛感しました。

当たり前なんて、本当はどこにもない。
保証なんてない。
誰も保障なんて出来ない。
自分にだって、そんなものはどこにもない。

多分、いつだって頭の片隅にあったはずなのに、いつの間にか埋もれていました。


そうか、あの人の言っていたことは、そういうことだ。
だからこそ、今の大切な時間をかみ締めながら、大事に過ごさなければいけない。


後悔はしたくないです。
いつも自分に対してはそう思って生きてきました。

でも、どうすることも出来ないこともあると知りました。


だから、ただただ悲しいです。

彼の死を知ったとき、全身から血の気が引くのがわかりました。
手足がしびれて、頭の中が真っ白になりました。
何が起きたのか理解が出来ませんでした。
同じ仲間からそのことで電話がかかってきて、堰を切ったように泣き崩れてしまいました。
我慢が出来ませんでした。
耐えられませんでした。



今のご時勢、ネットで知り合うことは当たり前になっています。
でもすると、住所どころか本名すら知らないことが多々あります。それはそれでちゃんとした交友関係を築けますが、いざというときに何も出来ないんだなと。どれだけ親しくしていても、何も出来ないんだと。

そういうものなんだと。


彼が僕たちに教えてくれたものは、なんだったのか。
ちゃんと知っておくべきだと思いました。
この先も後悔はしてはいけないと思いました。

ただ、心残りは、彼に報告したいことがあったのに、それを伝えることが出来なかったこと。
それだけは伝えたかった。どうしても伝えたかった・・・
間に合わなかった。


今できることは、ご冥福を祈るだけです。
むこうで、思う存分好きな曲を聴いて、好きな酒を飲んで、好きなラーメンを食べて、好きな本をたくさん読んで、好きなゲームをたくさんプレイしてください。


ずっとお仕事が忙しかったですよね。
ゆっくりと、休んでください。

あなたと過ごした時間は、きっと忘れません。
本当にありがとうございました。


おやすみなさい。


さようなら。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://29thphoto.blog49.fc2.com/tb.php/1362-b06a19bb
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。