スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

moonlit bear 俺的蛇足の解釈

2009年06月22日 23:59

今日はニコ動のボカロ曲のお話。




こちら、今日5時に上がった悪ノPの新作です。
ただ単純にこれだけ見れば、ミクが他人(MEIKO)の子供(リンレン)を攫って、しかもリン・レンのお母さんであるMEIKOを、ミクは殺してしまう。そういう話です。

実に悪ノPらしい曲です。



続いてこちら。




これは去年10月に悪ノPがアップした曲です。
同じくこれだけ見たら、両親に捨てられたリン・レンが森で魔女の家を見つけ、

「悪い魔女を退治したよ。これから父さんと母さんのところへ行くよ。」

と言う曲です。
これもこれで悪ノPらしい曲です。



では、この二つが同じ話だとしたら。

以下俺的解釈で多分ネタバレ注意です。
見たい方だけご覧くださいませ。

-----------------------------------------

物語のスタートは間違いなく今回の『moonlit bear』です。
しかし結果的な答えは『置き去り月夜抄』にすべて繋がり、描かれています。


まずアンサーソングとなる今回の曲『moonlit bear』。

熊=MEIKO

赤い実=赤ちゃん

は普通に曲の中でも分かります。
森に住むミクは、これよりも過去に自分の子供を何らかの理由で失って心に傷を負っていた、という状況があったはずです。
そんなとき、森に来たMEIKOが連れた赤ちゃんを見つけ、ミクは赤ちゃんを攫ってしまいます。

この攫われた赤ちゃんがリン・レンです。

MEIKOは自分の子供を奪われまいと必死に追いかけますが、ミクに殺されてしまいます。

ミクの夫役であるKAITOが気づいたときは既に遅し。
KAITOはこの赤ちゃん(リン・レン)を育てることをミクに提案し、それをミクも受け入れたと思われます。


ここで話は『置き去り月夜抄』に戻ります。

月日が流れ、ミクとKAITOに育てられたリンとレンは大きくなりました。
しかしとある理由でミクとKAITOはリンとレンを捨てることに決めました。
捨てられたリンとレンは、小瓶に月明かりを照らしてその明かりを頼りに森を歩き彷徨います。
ここで言う小瓶は、MEIKO母さんが持っていた哺乳瓶です。
きっとミクとKAITOがせめてもの償いにと二人に持たせたのだと思われます。


手がかりが無いわけじゃない
これにより、リンとレンは、何かにうすうす感づいていたことがわかります。


正しい道か僕らは知らず
これから行おうと思っていることが人として正しい道か・・・
リンとレンはそういう意味で迷っていたと思われます。


僕らには分かる ここは魔女の家
そして『置き去り月夜抄』の最後の歌詞、
ここはとても落ち着く所、まるで昔から住んでいた気がする

これがこの話の全ての核心で、ここから全部が一本に繋がっていきます。

昔から住んでいた気がするというのは、
まさに自分たちが育った家だから当然です。

と、言うことは。


育った家=ミクの家=魔女の家


ここで初めてかまどに放り込まれた魔女というのはミクであり、倒された子分というのがKAITOと判明します。

ミクとKAITOが本当の父母でないこと、そして本当の母であるMEIKOを殺した犯人だと言うことを、リンとレンは気づいていたのでしょう。

手がかりが無いわけじゃない

というのはそういうことだと思われます。

リンとレンの行動は最初からMEIKO母さんを殺されたことの復讐が目的だったと分かります。

彼女(魔女=ミク)がいなければ、きっと幸せになれるはず

というのはそういうことです。
全ての元凶であるミクがいなければ、本来は幸せに過ごしていた筈だった、ということです。
そうすればもうひとつ判明するのが、ミクとKAITOがリン・レンを捨てた理由。

とある理由=リン・レンが自分たち(ミクとKAITO)に復讐を企てていることに気づいていた

ということです。
だからリン・レンを森に捨てたのだけど、残念ながら、せめて・・・と渡した(と思われる)小瓶の明かりの導きにより、見つかって殺されることになるのです。
この小瓶の明かりというのは、もしかしたらMEIKO母さんの導きだったのでしょう。


こうして復讐を終えた二人は、「(この世にはもういない)本当の父さん母さんに会いに行こう」と言っています。
リンとレンは、人の道から外れるだろうこの復讐劇について、やはり迷っていたのだと思います。

結果、二人は罪の意識に苛まれながら、しかしそれでも本当の父母に会いたくて自決してしまうという終劇を迎えたのでしょう。


この2曲は、そういう物語。


と俺は解釈しました。

悲しい曲です。

話がこうやって全部一本に繋がった瞬間、鳥肌と悲しみでセルフエコノミーになりました。



感想として、この2曲について凄いと思ったのは、
伏線が全て回収されて辻褄が合っていること。
最初からこういう物語であることを前提に2曲作っていると思われる、悪ノPのその技量。

さすがです。


悪ノ娘と悪ノ召使、リグレットメッセージにRe_Birthdayの4曲のつなげ方。

才能と言うのはこういうことなんでしょうね。



これだからVoacloidはやめられないのです。


-----------------------------------------
参照
ヘンゼルとグレーテル - Wikipedia





コメント

  1. 魅紅 | URL | 5hiobRrU

    Re: moonlit bear 俺的蛇足の解釈

    はじめまして!
    記事読ませていただきました!
    moolit bear聴いてから、始めは全然話が読めなかったのですが、おかげさまで解釈できました…!!
    置き去りの方だけ聴いたときは、ただ単にヘンゼルとグレーテルの結末がこういうことだったんだなって思っただけだったのですが、まさかこれにアンサーソングが出るとは思ってませんでした…。
    悪ノさんの曲は、「曲」というより最早「物語」です!w
    音楽というよりかは小説や絵本などで読んでみたい感じですw
    それはそれで雰囲気でそうな気がしてw
    とにかくありがとうございました! 助かりました!
    お疲れさまです(^ー^*)

  2. Re: moonlit bear 俺的蛇足の解釈

    >魅紅さん
    はじめまして。
    ご訪問ありがとうございます~
    私も1回聞いただけではわかりませんでしたが、何度か聞いているうちにうっすら見え始め、記事のとおり「落ち着く家」のところで閃いたように繋がった次第です。
    本当に悪ノPの曲は物語ですね。ミュージカルになったら面白いかも。

    あとは例によってこの2曲の生殺しP【ほのぼのPV?】を期待しましょうw

    こちらこそ長文を読んでいただき、ありがとうございました!
    またのお越しをお待ちしております~(・ω・ノノ"

  3. くろぼ | URL | -

    Re: moonlit bear 俺的蛇足の解釈

    はじめまして!記事読ませていただきました!

    moonlit bearをはじめて聴いたときは、ひとまず置き去りとの歌詞のリンクにぞくぞくして内容まで踏み込めなかったのですが・・・とても解釈しやすかったです。


    ただ、ひとつだけわからないのが、置き去りの「昔から住んでいた気がする」というところで、

    そこは連れ去られてから育てられたミクの家だから、というのは納得してるんですが、ならなぜこんな言い方をするのか・・・?ということです。赤ん坊の頃から捨てられるまで育った家ってことですよね?

    育ての親を殺したショックで部分的な記憶喪失?とか、KAITOとミクを殺した後に生まれた家(メイコの家)に行った(これはないですね)とか考えましたが・・・

    奥が深いですねー!悪ノPさんは私も大好きです。物語のつなげ方がとても素晴らしいです。コンチータ様なんかも好きです。他にも好きな曲は多いですが。

    長文失礼しました!そして解釈ありがとうございます!
    失礼します

  4. Re: moonlit bear 俺的蛇足の解釈

    >くろぼさん
    ご訪問ありがとうございます。
    私の解釈、お役に立てた用で何よりです!

    今回のこの曲はやはり私もまだ疑問視するところはあります。
    お考えになっている部分も、例えばカイミクがリンレンを捨て、密かに逃亡先に考えていたところがあり、それがリンレン生家だったとか、カイミクがリンレン生家を奪い取っていたとか、リンレンが森をさまよっている期間がかなり長い時間だった(ので忘れかけていた)とか、そのへんは各個人の解釈でいろいろ取れると思います。

    逆に言うと答えはみんなの心の中に、ということで印象付けているのかもしれません。
    そう考えると悪ノPは本当にすごいですね。

    深いなあ。


    ちなみに私はジミーサムPや若干P、ゆよゆっぺさん、40㍍P、すんzりヴぇPなど結構幅広く好きです。
    キャラでは、ミクリン、UTAUですがテトや亜種のハクも好きです。

  5. 志貴 | URL | -

    Re: moonlit bear 俺的蛇足の解釈

    記事読ませていただきました~w
    ん~と、自分の解釈と大体同じだったので少し自信が持てた気がしますwwww


    自分はこれに少しつけたした位なのですが・・・w
    moonlit bearの歌詞の途中・・・そうですね、「二つの果実も泣いていた」と言った後の部分にかすかにですが銃声がなってるように考えられました。それも家の目の前で。おそらく家にもうすぐ着く所で捕まりそうになった。けど「この幸せは渡さない」と言っているように、『絶対に』という想いを凄く強く持っていてやむなく殺したのだと思われますw。

    という勝手なコメントすみませんでしたww

  6. 29面相@管理人 | URL | -

    Re: Re: moonlit bear 俺的蛇足の解釈

    ご訪問ありがとうございました!


    >かすかにですが銃声がなってるように考えられました。それも家の目の前で。おそらく家にもうすぐ着く所で捕まりそうになった。けど「この幸せは渡さない」と言っているように、『絶対に』という想いを凄く強く持っていてやむなく殺したのだと思われますw。

    なるほどこの部分は聞いてませんでした。
    そうなるとまた噛み砕いた後の気持ちが変わりますね。。。
    しかし本当に深いですなあ・・・

    またぜひお越しください!!

  7. 死音キラ | URL | 7bBJltH2

    Re: moonlit bear 俺的蛇足の解釈

    すごい
    わかりやすかったです!

    鳥肌たっちゃいましたw

  8. 29面相 (えでぃー) | URL | -

    Re: Re: moonlit bear 俺的蛇足の解釈

    >死音キラさん
    ありがとうございます!
    お役に立てたようでよかったです(´ω`)

    良かったらまたご訪問くださいなー。

    29面相


    > すごい
    > わかりやすかったです!
    >
    > 鳥肌たっちゃいましたw

  9. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  10. 29面相 (えでぃー) | URL | -

    Re:

    コメントN0.9(非公開)様

    コメントありがとうございました。

    皆さんの解釈、とても面白いなと思いながら鋭いなあと思って興味深く読ませて頂いてます。
    非公開にされているので具体的にお返事するのは、と思いましまたので
    簡単ながらこちらでお返事させていただきます。


    ありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://29thphoto.blog49.fc2.com/tb.php/51-cdb27898
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。